先週のアドテクシーン:TBSテレビがC Channelと資本業務提携、ファンコミュ「nex8」が大規模リニューアル

先週のアドテクシーン

(ライター:Livit Tokyo 中井 千尋)

広告テクノロジー業界を定点観測するExchangeWire編集部が、過去一週間に起きたトピックの中から特に注目すべきものをピックアップしてお届けする。

【新サービス・新機能】

電通、日本初の「プログラマティック・オーディオアド」を今春ローンチ

電通は、音声広告をプログラマティック配信する日本初のサービス「プログラマティック・オーディオアド」を今春にローンチし、電通PMP「Premium Audioシリーズ」として展開することを発表した。これにより、ターゲット属性に応じた音声広告のリアルタイム配信が可能となる。国内でもラジオ広告のプログラマティック取引が本格化しそうである。

「GMO SSP」、Google AMPにSSPとして国内初対応

GMOアドパートナーズの「GMO SSP」は、国内のSSPとしては初めてGoogle AMPに対応した。アドネットワークではi-mobileがすでに連携しており、海外SSPではRubiconなどが対応している。

メディックス、フィード広告のマネジメントサービスを開始

デジタル広告代理店メディックスが、フィード広告の効果を最大化させる「MEDIX-Feed Managementサービス(M-Feed)」の提供を開始した。(PDFアイコンPDF) 媒体ごとに最適化したデータフィードを自動生成し、データフィードの効果検証と修正を一元的に管理・運用する。ここ最近、デジタル広告代理店によるフィードマネジメントサービス事業の自社プロダクトによる展開が増えている。

【提携・買収】

オプト、LINEビジネスコネクト配信ツール「TSUNAGARU」とアプリ分析ツール「Spin App」が連携

オプトは、LINEビジネスコネクト配信ツール「TSUNAGARU」とアプリプロモーション総合支援プラットフォーム「Spin App」を連携させた。これにより、導入企業はアプリ利用者の動向に応じたLINEでのコミュニケーションが可能となる。アプリを活用したプロモーションの需要が高まってきている一方で、アプリのプロダクトライフサイクルが早いことからこうした連携が生まれている。

メタップスがLOCUSと戦略的業務提携、動画制作から施策評価分析までワンストップで提供

メタップスは、動画制作大手のLOCUSと戦略的業務提携をし、動画コンサルティングサービス「LOOP」を開始した。対象となるコンテンツの現状把握から市場分析、競合分析などを実施し、要件定義したあと、顧客の目的にあった動画を制作、プロモーション施策の実施、実施後の評価レポートまでワンストップで提供する。メタップスは先日「ビデオマーケティングラボ」も開設しており、動画マーケティングに注力している。

アウトブレイン、DMP専業大手のインティメート・マージャーとの提携を発表

DMPのインティメート・マージャーは、コンテンツレコメンドのアウトブレインと提携を行った。これによりコンテンツをレコメンドされたユーザーの分析が可能に。ユーザーの求めるコンテンツの計画的な制作を課題に抱える企業が多いという現状を踏まえての提携である。

ファンコミュニケーションズの「nex8」、ダイナミックリターゲティング配信特化に向け大規模リニューアル

2014年4月にリリースされたファンコミュニケーションズの「nex8」が、ターゲティング手法をダイナミックリターゲティングに特化したサービスにリニューアルされた。2年間の配信実績と市場の成長性を踏まえてのもの。また、年内にシステムの大規模改修を行うことも発表し、データフィード自動生成の対象サイト拡大や精度向上、パソコンにも広告を配信するデバイス拡張を予定している。

ファンコミュニケーションズの「nex8」、SupershipのSSP「Ad Generation」とRTB接続を開始

ダイナミックリターゲティングプラットフォームにリニューアルされた「nex8」は、Supershipが提供するSSP「Ad Generation」と接続をし、配信先を拡大させた。Ad Generationは、さまざまな広告フォーマット(モバイルバナー、インタースティシャル、ネイティブ、動画)に対応したJavaScript、SDKを組み込むことで、独自の配信ロジックにより複数のDSPやアドネットワークの広告配信を最適化するもの。

フィードフォース、エスワンオーインタラクティブと「DF PLUS」の販売代理契約を締結

フィードフォースは、同社主力事業のデータフィード最適化サービス「DF PLUS」について、トレーディングデスクを運営するエスワンオーインタラクティブと販売代理店契約を締結した。両社の保有する広告運用およびデータフィードに関するノウハウを活かし、共同でサービスの普及を進める。

TBSテレビ、C Channel株式会社への出資および業務提携を発表

TBSテレビは、縦長動画メディアの「C Channel」と資本業務提携をすることを発表した。C Channelが持つ、スマートフォン視聴に最適化した短尺動画制作におけるノウハウと、同社が持つ映像コンテンツに関する取材・制作力、発信力を活かし、若年層に訴求するオンライン動画事業を開拓、推進する。テレビ朝日がサイバーエージェントと展開する「AbemaTV」事業が好調な背景もあり、テレビ局とネットメディアの融合は今後も加速しそうである。

タグ

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長

外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。