AdRollが「楽天市場」出店店舗44,000店に向け、フルファネルマーケティングソリューションの提供を開始

 

AdRollは楽天が運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」に出店する約44,000店のEC事業者に、楽天市場仕様のフルファネルマーケティングソリューションの提供を開始する

提供される「楽天ダイナミックターゲティング広告」は、AdRollの「AdRoll Retargeting(リターゲティング)」および、「AdRoll Prospecting(プロスペクティング)」を合わせたプロダクトであり、これを利用することで楽天市場に出店するEC事業者は、ビジネス規模を問わず、新規顧客の誘導や顧客醸成を行うことが可能になる。

今回の楽天との提携について、AdRoll 日本法人代表 香村 竜一郎氏は「テスト運用期間のパフォーマンスからも、AdRollが楽天市場出店事業者の皆さまにとって売上向上のソリューションとなることは大いに期待できると見ています。」とし、また「評価のプロセスは大変厳格なものであり、またその結果、私共AdRollのプラットフォーム自身が大きく前進、改良することにもつながりました。楽天は国内でも有数のeコマースブランドです。このような多大な影響力を持つ企業と身近にビジネスを展開できることは私共にとって大変光栄なことです。」とコメントしている。

タグ

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長
慶應義塾大学経済学部卒業。
外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。
国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。
2014年10月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価機関デジタルインファクトを設立し、プロジェクトディレクターに就任。