先週のグローバルアドテクシーン:MediaMath、インドで営業開始

 
 

広告テクノロジー業界を定点観測するExchangeWire編集部が、主に先週に起きたグローバル市場のトピックの中から特に注目すべきものをピックアップしてお届けする。

Appier、フォーチュン誌の「AI革命をリードする50社」に選出

AIを利用したDSPを提供するAppierは、フォーチュン誌の「AI革命をリードする50社」に選出された。
アジアに本社を置くのはAppierを含めて4社しかなかった。

マイクロアドチャイナ、「百度 Baidu.com」の2016年度優秀代理店に認定

マイクロアドチャイナは、「百度 Baidu.com」の2016年度優秀代理店に認定された。
2011年度から連続で5度目の受賞となる。国内では3社のみが認定されている。

MediaMath、インドで営業開始

グローバルDSPのMediaMathは、Zirca Digital Solutionsと独占契約をする形でインドでの営業を開始した。
MediaMathにとって42ヶ国目となる。

Xaxis、グローバルプロダクトEVPに元Light Reaction CEOを任命

Xaxisは、グローバルプロダクトEVPにXaxisの一部でパフォーマンス型広告等を運用する元Light Reaction CEOを任命した。
同社のDMPである[m]PLATFORM’sなどに注力する。

AerServ、アプリ向けヘッダー入札ソリューション「OpenAuction」を提供開始

グローバルSSP事業者のAerServは、アプリ向けヘッダー入札ソリューション「OpenAuction」を提供開始した。
サーバーサイドの技術を利用することでレイテンシーやデータ通信量を抑えるなどのメリットも期待できる。

Smaato、デマンド向け在庫検索ツールを提供開始

Smaatoは、デマンドパートナー向けにSmaato SDX上で在庫検索ツールを提供開始した。
デマンドユーザーは様々な切り口から自分たちが配信したい在庫を検索することができる。

AppNexus、ビデオマネタイズプラットフォームのGoldbach Digital Servicesと提携

AppNexusは、ドイツ・スイス・オーストリア等で独立媒体社向けにビデオマネタイズプラットフォームを提供するGoldbach Digital Servicesと提携し動画在庫の取扱いを強化した。

VertaMedia、サーバーサイド型ヘッダー入札を提供開始

ビデオ広告サーバーを提供するVertaMediaは、サーバーサイド型ヘッダー入札を提供開始した。
動画広告の世界でもレイテンシーなどで有利なサーバーサイド型のヘッダー入札に注目が高まっている。

AcuityAds、Visible Measures を買収

セルフサービス型のプログラマティック広告プラットフォームを提供するカナダのAcuityAdsは、動画視聴の測定・分析ツールを提供する米国のVisible Measuresの買収を公表した。

タグ

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長
慶應義塾大学経済学部卒業。
外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。
国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。
2014年10月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価機関デジタルインファクトを設立し、プロジェクトディレクターに就任。