ExchangeWire.com

  • アドテクの統合は始まったばかり:Sizmek社CEO Mark Grether氏へのインタビュー

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    2017年7月18日、Sizmek社は、Rocket Fuel社を145Mドルで買収合意に至ったことが発表された。 この買収は、2017年9月8日に完了し、Sizmek社は特定のテクノロジーにとらわれない立場となった。ExchangeWireはSizmek社のMark Grether CEOと、今回の買収が業界で何を意味するのか、そしてSizmek社が買収後のサービスプランについてインタビューした。

    続きを読む

  • 大学は位置情報をどのように優良学生の採用に活用しているのか?

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    位置情報データを使用することで、広告主は広告を特定のユーザーに対してターゲットにすることができるが、このテクノロジーは同様に大学にて採用目的で活用されている。ExchangeWireは Blis社のセールスマネージャー Nate John-Grose氏に単独インタビューを行い、位置情報データを分析し高度なターゲティング機能を用いることで、いかに多くのオーディエンスから優れた人材を採用することができるのかについて話を聞いた。

    続きを読む


  • プログラマティックの世界にセールスは必要なのか?

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    プログラマティックバイイングが行われるようになると、セールスチームは必要なくなるのだろうか?もちろんそんなことは無いが、営業に求められるスキルは変わってくるだろう、と独立系のテクニカルコンサルタントであるPaul Gibbins氏がExchangeWireに語ってくれた。

    続きを読む

  • プログラマティックの成長に必要な真実と透明性

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    広告業界は、大きな変革の初期段階にある。世界的に年間640億米ドルもの広告費が、プログラマティックテクノロジーに投資される結果となっている。 この変化はディスプレイ広告に始まり、最終的にはテレビ、屋外、車内、モバイル、AR、VRなど、あらゆる広告形式をカバーしている。 OpenX社のCROで共同創業者のJason Fairchild氏はExchangeWireのインタビューに応え、プログラマティックテクノロジーにおいては、企業は絶対的な真実を手にする必要があり、そのためには、プログラマティックにおけるバイイングにおいて完全なる透明性が必要になる点について解説してくれた。

    続きを読む

  • プログラマティックに関する責任を負うのは誰か?

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    誰がプログラム広告の責任を負うのかについての議論を始めると、「誰」が個人であるべきだ、という点で誤解が生じているように感じる。しかしながら、Choozle社でクライアントサービス部門のシニアマネージャーを務めるKristen Ditsche氏によると、そんな単純な話でもないらしい。Ditsch氏はプログラマティックにおける責任範疇を考えるときのキーポイントについて、ExchangeWireに説明してくれた。

    続きを読む

  • デジタル広告主がプレミアムマーケットプレイスを必要とする理由

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    企業のブランドの安全性と透明性を取り巻く問題を解決するための決定的な方法は存在するとはいえ、業界がそれを実現するための準備ができていない、とCollective社のコマーシャルディレクターSimon Stone氏は述べている。

    続きを読む

  • インプレッションバイイングに伴うサードパーティフィーをパブリッシャーから徴収しない:Criteo社Marc Grabowski氏へのインタビュー

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    2017年5月、Criteoは、パブリッシャー向けの新しいヘッダービディングプラットフォーム、Criteo Direct Bidderの発売を発表した。グローバルサプライ及びビジネス開発のエグゼクティブバイスプレジデントであるMarc Grabowski氏は、新しいプラットフォームがどのように機能し、新しいプラットフォームを活用することで、如何により大きなパブリッシャー収益をもたらすかについてExchangeWireに語ってくれた。

    続きを読む

  • 「ディープネイティブ」がネイティブ広告の進化だ:ADYOULIKE社マネージングディレクターDale Lovell氏とのインタビューセッション

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    新たな技術と業界標準の普及に伴い、ネイティブ広告の人気が高まっている。チーフ・デジタル・オフィサーで英国ADYOULIKEのマネージングディレクターのDale Lovell氏は、ネイティブ広告がどのように変化しており、パブリッシャーと広告主が競争力の高い魅力的な広告体験をどのように提供するのかについてExchangeWireに語ってくれた。

    続きを読む

  • パーソナルフィード体験がオープンウェブの世界へ:Taboola社 CEO Adam Singolda氏

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    広告閲覧にはすっきりしない経験が伴うことがある。パブリッシャーは、あらゆるスペースを販売して収入を伸ばそうとする一方で、企業は広告のための最も安全で最適な環境を探し求めることから、正しいメッセージが伝わらなかったり、コストが増えたりといった事象につながっている。Taboola社の創設者兼CEO Adam Singolda氏は、ソーシャルフィード構造を利用することで、パブリッシャーと広告主の両者において、これらの問題を解決できる点について説明してくれた。

    続きを読む

  • パブリッシャー:プログラマティックのサブセットとしてダイレクトセールスを検討しよう

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    パブリッシャーが、現在のようなダイナミックで競争の激しい分野でビジネスを展開するためには、革新的な考えが必要で、バイヤーのニーズを維持し続けることは容易なことではありません。ExchangeWireは、Intermarkets社のセールス・プログラマティック戦略部門VP Erik Requidan氏に、セラーとバイヤーの関係性の重要性や戦略を実行する上で必要なテクノロジーについて話を伺った。

    続きを読む