IoT

  • Now & Next: The Internet of Things

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    IoTの発展により、ネット接続が可能なスマートデバイスから、今までにない程に多くのデータを集めることが可能になっている。今回のExchangeWireのNow&Nextでは、IoTの広告主にとっての機会及び、その大きな可能性について取り上げていきたい。

    続きを読む

  • ドライバーをターゲットにした日本での広告実験について

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    日本の公道を走る自動車は、今後、ブランドがカスタマイズしたコンテンツを配信するプロモーションの対象となってくるかもしれない。

    Cloudian社と電通は視覚認識技術を活用し、車両をブランドやモデルによって特定を行うテストを行っている。データ分析及び人工知能を活用して、ターゲット車両のドライバーに対し、道路沿いの屋外広告に、システムを通じてカスタマイズされた広告を配信するというものである。

    続きを読む


  • 位置情報データ:あなたの現在の場所だけでなく、過去にいた場所まで活用

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    位置情報データはユーザーの動向やターゲットを知りたいマーケターにとっては非常に貴重な財産である。しかしながらマーケターはユーザー行動に関する豊富な情報ソースを最大限に活用しているのであろうか?LoopMe社のCEOで、創業者のStephen Upstone氏はExchangeWireに、位置情報はターゲットユーザーの現在の位置を知るだけではなく、ユーザーの日々の動向に関する豊富な情報を提供してくれると説明してくれた。

    続きを読む

  • 新たなメディア環境下でのモバイルデバイスIDの重要性

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    クッキーがなくなることは無いかもしれないが、スマホの利用が増加するにつれ、モバイルデバイスIDがメディア環境の収束に応じて主流になっていくだろう。YouAppi社のチーフレベニューオフィサー Leo Giel氏はExchangeWire社とのインタビューにて、現在のネット世界でのオーディエンスを特定したいのであれば、モバイルターゲティング戦略におけるデバイスIDを軽視すべきでないということについて語ってくれた。

    続きを読む

  • 自動化:オムニチャネルにおけるティッピングポイントは?

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    オフラインとオンラインのメディアのサイロから抜け出し、真に自動化され、完全に統合されたメディアの世界に変化していく・・そのようなことは、可能であろうか? Rubicon Projectのインターナショナル部門トップ Oli Whitten氏は実現可能だと確信しているようだ。 Whitten氏はExchangeWireに、私たちが考えているよりもメディア統合の将来が近いことについて、語ってくれた。

    続きを読む

  • DACに聞く、スマホとロボットを跨いだ新しいデジタルコミュニケーション [インタビュー]

    3月22日、DACがLINEとPepperをつないだ、Pepper導入企業向けのコミュニケーションサービスの提供を開始した。Pepper向けアプリケーション開発に強みを持つ株式会社ワン・トゥー・テン・ドライブ(1→10drive)とシステムを共同開発し、盛り上がるロボット関連市場に参入した形だ。参入の狙いについて、メディアサービス本部 メディアセールス局長 佐瀬 博久氏にお話をうかがった。

    (聞き手: ExchangeWire Japan 野下 智之)

    続きを読む

  • APAC地域における位置情報の問題の対処方法

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    データを重視したキャンペーンが増える中、より多くの企業がプロダクトマーケティングの効率性向上や、位置情報を活用した消費者理解の為に、位置情報サービスのデータ利用に目を向けている。しかしながらAPAC地域においては、ユーザーが注意すべきデータの精度についての問題が残されている、とNear社のCTOのMadhusudan Therani氏は今週の業界コラムで指摘している。

    続きを読む

  • 小売の進化はデータを利用した顧客理解にあり

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    先ごろ、Pitney Bowes Software 社ディレクターのMarc Hobell博士(下の写真)が毎年恒例のオムニチャネルリテールサミットにて、位置情報と小売業界の顧客インテリジェンスを支える技術について講演したのを聞き、ExchangeWireは強い関心を抱いた。今回のコラムでHobell博士はExchangeWireに対して、顧客を正確に理解し、実店舗の場所を知らせるだけでなく、オムニチャネルによるコミュニケーションのアプローチを行うために、小売業界でデータとテクノロジーを活用する重要性を説明してくれた。

    続きを読む

  • 広告配信で位置情報活用が本格化か!?~サイバーエージェント アドテクスタジオとFreakOutが新サービスをリリース~

    ターゲティング広告における位置情報活用が活発化してきた。

    1/7に、サイバーエージェント アドテクスタジオと、FreakOutが相次いで位置情報を活用したプロダクトをリリースした。

    続きを読む

  • コンシューマージャーニーの無限のルールを解読する

    コンシューマージャーニーはもはや認知から検討、購買決定に至る一直線のパスではなくなっている。本稿においてBen Sidebottom氏(Visual IQ のディレクター、ソリューションアーキテクチャー)が、現代の消費者がブランドに関する情報をかつてないほど多くのソースから引き出している点や、オンライン・オフラインの両方のタッチポイントを活用し、テレビ・プリントメディア・ソーシャル・サーチなど様々なチャネルを行き来している点について論じている。消費者はその他にもスマートフォンやタブレットからノートパソコン、デスクトップパソコンなど多くのプラットフォームも利用している。このようにタッチポイントが迷路のようになった状況は、ユーザーの意思決定に至るまでの道が無限にあることを意味しており、特定の消費者がたどるパスをマーケターが予測することは、ほぼ不可能となっている。

    続きを読む