先週のアドテクシーン:ブレインパッド、広告運用のインハウス化を支援する新サービスを提供開始

 
 

広告テクノロジー業界を定点観測するExchangeWire編集部が、過去一週間に起きたトピックの中から特に注目すべきものをピックアップしてお届けする。

【新サービス・新機能】

C Channel、電通リテールマーケティングと提携し店舗の分析まで担うRPDCAソリューションを提供

女性向け動画メディアのC Channelは、電通リテールマーケティングと提携し店頭の購買データリサーチに基づいた動画コミュニケーションを設計し、効果検証までレポートするRPDCAソリューションの提供を開始した。

サイバーエージェントの「LODEO」、アンケートを回収せずにユーザーの態度変容を計測/動画広告の効果を最大化する「Brand Lift Optimizer」の提供を開始

サイバーエージェントの「LODEO」は、アンケートを回収せずにユーザーの態度変容を計測し、動画広告の効果を最大化する「Brand Lift Optimizer」の提供を開始した。
第一弾として、広告想起を最大化する機能の提供を開始する。
図

出典:同社プレスリリース

ソネット・メディア・ネットワークス、「テレビ視聴者ターゲティング」の提供を開始

ソネット・メディア・ネットワークスは、DSP「Logicad」とビデオリサーチが提供する「VR LINC」とを連携させた「テレビ視聴ターゲティング」の提供を
開始した。
図

出典:同社プレスリリース

ブレインパッド、広告運用のインハウス化を支援する新サービスを提供開始

ブレインパッドは、広告運用ツールの導入から運用支援まで一貫してサポート する事業会社の広告運用のインハウス化を支援する新サービスを提供開始した。
図

出典:同社プレスリリース

Speee、「UZOU」新感覚チャット型レコメンド広告を開始

Speeeは、オススメ記事の紹介枠とは別にポップアップウィンドウを表示し、オススメ記事をチャット型で紹介する新感覚チャット型レコメンド広告を
開始した。
図

出典:同社プレスリリース

Criteo、アジア太平洋地域のEコマース成長の加速に向けて「Criteoリセラープログラム」を提供

Criteoは、アジア太平洋地域に向けて「Criteoリセラープログラム」のAPI提供を開始したことを発表した。自社のマーケットプレイス上で、興味、関心に合わせたレコメンデーション広告を配信するCriteoダイナミックリターゲティングを、個々のセラーに展開または再販可能となった。

【新会社・新組織】

電通デジタル、オープンイノベーション創出のための共同研究組織「共創イノベーションラボ」を設立

電通デジタルは、東京大学先端科学技術研究センターの小泉秀樹研究室と、より良いオープンイノベーションの実現をテーマとした共同研究組織「共創イノベーションラボ」を設立した。

【調査】

モメンタム、「アドベリフィケーション推進協議会」において、国内での実態調査レポートを公開

モメンタムは、「アドベリフィケーション推進協議会」において、国内での実態調査レポートを公開した。
このレポートによって、日本におけるアドフラウド、ブランドリスク、ビューアビリティーの現状が明らかになった。

ビデオリサーチインタラクティブ、2017年の動画広告出稿状況を発表

ビデオリサーチインタラクティブは、2017年の動画広告出稿状況を発表した。
2017年のPC動画広告出稿社数は2,330社で、前年比24.4%増であった。また、最も出稿量が多かった広告主は、アマゾンジャパン。
図

出典:同社プレスリリース

【資金調達】

ZEALS、ジャフコ・フリークアウトから4.2億の第三者割当増資を実施

会話広告「fanp」を展開するZEALSは、ジャフコ・フリークアウトから4.2億の第三者割当増資を実施した。

調達資金はさらなる機能開発等に充てられる。

タグ

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長

外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。