×

SMN「TVBridge」と「ABEMA」、テレビCMとコネクテッドテレビ広告の最適化配信実現に向け協業[ニュース]

SMNが提供する「Connected TV Data Bridge」(以下:「TVBridge」)と、ABEMATVが提供する「ABEMA(アベマ)」は、コネクテッドテレビ領域のターゲティング広告効果の最適化および広告効果測定の強化を目的に協業を開始することを公表した。

 

 

「TVBridge」は、国内大手テレビメーカー4社がユーザーから広告用途への利用を許諾され取得しているテレビ視聴データと、SMNが保有するデジタルメディアの接触データをもとにした広告配信を実現するデータ活用サービス。約500万台(2020年9月29日現在)のコネクテッドTVの視聴データを専用のDMP「TVBridge DMP」に集約し、様々なターゲット手法を用いて効果的な広告施策を実現している。

 

出典:SMNプレスリリース

 

今回の協業では、SMNが「TVBridge」で保有するテレビ視聴セグメントを活用し、コネクテッドテレビにおいて「ABEMA」の広告と地上波テレビCMの配信を最適化することが可能なターゲティング広告商品、およびコネクテッドテレビの広告効果測定の評価サービスを提供していく。

「TVBridge」のテレビ視聴データをもとに、該当のコネクテッドテレビに対して、動画広告のターゲティング配信を「ABEMA」にて実施。各コネクテッドテレビの実視聴データをベースにテレビCMや番組視聴の有無を判定するため、より精度の高い配信が可能となり、ターゲティングの最適化が期待できる。

またコネクテッドテレビにおける広告評価サービスは、「TVBridge」と「ABEMA」のコネクテッドテレビの広告視聴ログを連携し、「テレビCMの接触者(地上波)」、「コネクテッドテレビ広告接触者(ABEMA)」、「非接触者」の3グループでのシームレスな意識調査を行うことで、新たな評価軸による広告効果の測定が可能となり、精度の高いブランドリフト比較を実現することが出来る。

「ABEMA」では国内主要テレビメーカーのリモコンに「ABEMA」ボタンを搭載するなどコネクテッドテレビデバイスへの対応強化に努めたことや、コロナ禍による巣ごもり需要から、コネクテッドテレビによる視聴者数が前年比約2倍に増加しており、コネクテッドテレビの広告在庫はPCを超える規模になっているという。(2021年5月時点)

SMNとデジタルインファクトが実施した共同調査結果では、コネクテッドテレビ向けの広告需要は今後急拡大し、2024年の市場規模は558億円に達すると予測している。

 

出典:SMNプレスリリース

 

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長 外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。