NEWS: マイクロアド、ベトナムでのアドプラットフォーム事業へ参入

アドテクノロジーを提供するマイクロアドは11月22日、ベトナムAmbient Digital Advertising Joint Stock Company(Ambient Digital)と共同で、合弁会社 MicroAd Vietnam Joint Stock Company(MicroAd Vietnam)を設立したと発表した。同社ではマイクロアドが開発したDSP(ディスプレイ広告の一元管理プラットフォーム)「MicroAd BLADE」をベトナムの広告主向けに提供、2014年度までに導入社数2,000社を目指す。

ベトナムのインターネット人口は2011年に約3,050万人と人口の33.7%に達しており、インターネット広告市場の急成長が期待されている。Ambient Digital社は、ベトナム国内で2,000を超えるサイトを束ね、インターネットユーザーの97%にリーチできるベトナム国内最大規模のアドネットワークを保有。マイクロアドの持つ広告取引プラットフォームとAmbient Digitalの持つ広範な媒体社と広告主のビジネス基盤を掛け合わせ、ベトナム最大規模の広告プラットフォームの構築と事業展開を行っていくとしている。

タグ

ABOUT 大山 忍

大山 忍

ExchangeWire Japan 編集長 米国大学卒業。外資系企業を経て2000年にネット広告効果測定ツールを提供するベンチャーに創業メンバーとして参画。その後、バリューコマース株式会社と合併。 2007年1月にオムニチュア株式会社(現Adobe)に参加、コンサルティングサービスを立ち上げる。ビジネスコンサルタントとして米国のベスト プラクティスを日本の課題やニーズに合わせて提供、ウェブ解析やガバナンス(データ主導の組織・仕組化)に関する執筆・講演を行う。