ATS Singapore 2013レポート:ASEAN市場のモバイル成長へ期待

(ExchangeWire Japan編集長 大山忍)

ATS Singapore2013ExchangeWireが主催する、「ATS (Ad Trading Summit) Singapore 2013」が6月12日にシンガポールのMホテルで開催された。シンガポールを中心に、オーストラリア、インド、ベトナム、マレーシア、香港、中国、日本とASEANでビジネスを展開する約400名のアドテク業界関係者が一同に集まった。

 

 

 

 

ATS Singaporeでは、「データドリブン(データに基づく)広告」「マルチデバイス」「データとテクノロジーの未来」の3テーマ毎に、基調講演、パネルディスカッション、6分間・6社によるケーススタディ『6of6』など、様々な視点でのASEAN市場におけるアドテク業界の”今“が議論された。

 

Greg_PWCオープニングを飾ったのは、PwCのPartnerであるGreg Unsworth氏。同社が毎年発行している年次調査レポート『グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック』のデータから、ASEAN市場についての概要を発表した。

 

まず、グローバル市場を2013年から2017年の成長率で4つにグループ分けされたグラフをみてみると、ASEAN諸国のうち、日本とシンガポールは『Mature(成熟市場)』、インドネシアが『Next Wave(次の成長市場)』、フィリピンやタイが『Up & Comers(有望市場)』として分類されている。

 

 

 

 

1.Global Market Plot

 

注目なのが、ASEANを含む『Next Wave(次の成長市場)』と『Up & Comers(有望市場)』における今後5年間のモバイルインターネットの契約数の伸びが高いということだ。

 

2.Growing Mobile Market

 

インターネットアクセスの急伸を受け、インドネシア・フィリピンなどASEAN全体のインターネット広告の高い成長が見込まれている。

 

3.InternetAd growth by country

 

グローバル市場とシンガポール市場の広告支出を比較すると、ビデオゲーム広告への支出の伸びがシンガポール市場を特徴づけているのがわかる。

 

4.Internet and Video ad dollers Singapore

 

 

※今後数回にわたり、ATS Singapore2013のイベントレポートを掲載していきます。

 

タグ

ABOUT 大山 忍

大山 忍

ExchangeWire Japan 編集長 米国大学卒業。外資系企業を経て2000年にネット広告効果測定ツールを提供するベンチャーに創業メンバーとして参画。その後、バリューコマース株式会社と合併。 2007年1月にオムニチュア株式会社(現Adobe)に参加、コンサルティングサービスを立ち上げる。ビジネスコンサルタントとして米国のベスト プラクティスを日本の課題やニーズに合わせて提供、ウェブ解析やガバナンス(データ主導の組織・仕組化)に関する執筆・講演を行う。