先週のアドテクシーン:フリークアウト子会社IRIS、タクシー搭載デジタル・サイネージ Tokyo Prime、Googleから動画広告を買付可能に



広告テクノロジー業界を定点観測するExchangeWire編集部が、過去一週間に起きたトピックの中から特に注目すべきものをピックアップしてお届け。

【新サービス・新機能】

レモネードのInstagram特化型インフルエンサーマーケティングプラットフォームINFLUENCER ONE、「Instagram広告クリエイティブ制作プラン」を提供開始

レモネードは、同社のインフルエンサーマーケティングサービスに人気インスタグラマーに写真を提供してもらうことで、オーディエンスから高い共感を得られることを目的としたサービスの追加を発表した。

ADFULLYの「アドフリくん」、Vungleの動画ネイティブ広告「NativeFlex」を提供開始

ADFULLYの「アドフリくん」はアプリのレイアウトを崩さずに、収益性の高い案件を豊富に配信可能な米国のVungleの動画ネイティブ広告「NativeFlex」を国内で始めて提供開始した。

フリークアウト、位置情報ターゲティング広告の「ASE Ad」にて郵便番号・町丁目・鉄道路線駅ターゲティングを提供開始

フリークアウトは、位置情報ターゲティング広告の「ASE Ad」にてオフラインのエリアマーケティングで活用される〈郵便番号〉・〈町丁目(行政界)〉・〈鉄道路線駅〉の単位で生活者へ広告ターゲティングを実現する機能を追加し、新たなターゲティングメニューとして提供を開始した。
図1

出典:同社プレスリリース

リコー、デジタル広告事業に本格参入開始

リコーは、VRとAIを活用した360°で表示するバナー広告を提供開始し、デジタル広告事業に参入することを発表した。

ソネット・メディア・ネットワークス、「Logicad」における広告インプレッションの透明性・安全性対策を強化

ソネット・メディア・ネットワークスは、高まる広告への不信感に対応するためにインプレッションの透明性や安全性の更なる向上を目的とした「アドベリフィケーション機能」の拡充を発表した。

Appier、「アイソン」の新機能を発表

Appierは、AI搭載のデータインテリジェンスプラットフォーム「AIXON」にオーディエンスのセグメンテーション予測機能を追加し、UIの改善も行った。

アライドアーキテクツ、ユーザー参加型キャンペーンの開催から当選発表まで Twitter上で完結できる「echoes」の提供を開始

アライドアーキテクツは、ユーザー参加型キャンペーンの開催から当選発表まで Twitter上で完結できる「echoes」の提供を開始した。
これによりユーザーの参加はハードルも下がり企業としては多くのユーザーを巻き込みやすくなる。

3ミニッツとKaizen Platform、SNSに最適化した動画広告配信サービスで提携

3ミニッツとKaizen Platformは、SNSに最適化した動画広告配信サービスでの提携を発表した。
第一弾はInstagram ストーリーズの新広告フォーマット開発とサービス提供を開始する。
図2

出典:同社プレスリリース

サイバーエージェント、「成果報酬型チャットマーケティング」の提供を開始

サイバーエージェントは、リターゲティング広告のコスト最適化および、獲得効率の継続的な改善を図るソリューション「成果報酬型チャットマーケティング」の提供を開始した。
図3

出典:同社プレスリリース

フリークアウト子会社IRIS、タクシー搭載デジタル・サイネージ Tokyo Prime、Googleから動画広告を買付可能に

フリークアウト子会社のIRISは、同社が提供するデジタル・サイネージTokyo PrimeとGoogleのDoubleClick Ad Exchangeと接続、DoubleClick Bid Managerから動画広告の買付を受けることが可能になる。
図4

出典:同社プレスリリース

タグ

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長

外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。