Programmatic

  • 日本では本当にアドフラウドの問題が起こっているのか

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    Pixalate社が最近発行した調査報告書によると、日本のアドフラウドの割合は全世界で最も高く、プログラマティック広告におけるデスクトップブラウザ内全てのインプレッションの81%がフラウド行為であるとのデータが発表された。ExchangeWireはこのデータの真意についてヒアリングを行った。

    この報告書によると、日本でのアドフラウドのレベルは、市場の36%が広告詐欺で構成されるブラジルの2.25倍、35%の米国を遥かに凌ぐ水準とのことであった。

    続きを読む

  • 「アドテクの理想と現実」にパブリッシャーはどう向き合うべきか―大手UGCメディアが語る課題と未来- [インタビュー]

    プログラマティックが普及して以降、メディアを取り巻く広告ビジネス環境が変わったといわれているが、日本におけるその実態や実務を担う関係者による現場の声は、実はあまり多くが取り上げられているわけではない。

    パブリッシャー・トレーディングデスクとして日頃メディアを近くで支援しているbrainyが、メディアのプログラマティック広告実務担当者へのインタビューを通じて、日本のメディアが置かれているビジネス環境や、昨今のアドテクノロジー界隈のトレンドについて率直に感じていることなどをお伝えするシリーズ。

    第5弾は、「はてなブログ」「はてなブックマーク」などで一般にも広く知られる、株式会社はてなの広告部門の責任者・実務担当者に伺った。

    続きを読む


  • 透明性はビジネスモデルだ:Improve Digital社Aee-Ni Jaskolla氏へのインタビュー

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    Improve Digital社は先日新しいChief Product Officerを任命した。 Xasis社のヨーロッパにおける収益プラットフォームの担当の経歴を持ち、Improve Digital社に参加することになったデータの専門家でもあるAee-Ni Jaskolla氏は、 新たなポジション、プラットフォームの計画、アドテク業界における透明性の重要性についてExchangeWireに話をしてくれた。

    続きを読む

  • ATS Tokyo 2017開催、CIO/CMO設置の課題が議論に

    日本のプログラマティック・マーケティングの最新動向についての議論を行うイベント「ATS Tokyo 2017」が10月3日、都内にて開催された。 ロンドン、シンガポール、トロント、マイアミといった世界の主要都市で実施されている本イベントが東京で行われるのは4回目。今年は「広告取引の透明性」「クロスデバイス」「プログラマティックビデオ」「データドリブンな企業の組織作り」などが議論の主要なテーマとして据えられた。

    続きを読む

  • 「アドテクの理想と現実」にパブリッシャーはどう向き合うべきか―大手ポータルサイトが語る課題と未来- [インタビュー]

    プログラマティックが普及して以降、メディアを取り巻く広告ビジネス環境が変わったといわれているが、日本におけるその実態や実務を担う関係者による現場の声は、実はあまり多くが取り上げられているわけではない。

    パブリッシャー・トレーディングデスクとして日頃メディアを近くで支援しているbrainyが、メディアのプログラマティック広告実務担当者へのインタビューを通じて、日本のメディアが置かれているビジネス環境や、昨今のアドテクノロジー界隈のトレンドについて率直に感じていることなどをお伝えするシリーズ。

    第四弾は、NTTレゾナントの今年で20周年を迎えたポータルサイト「goo」を運営する広告事業部門の責任者・実務担当者に伺った。

    続きを読む

  • 【P1寺廻氏に聞く。プログラマティック・トレンドワードのいま】~第3回アドベリフィケーション~

    昨今注目を集めるプログラマティック領域のキーワード。実際に実務領域ではどのような現状にあるのか。

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)の連結子会社でプログラマティック領域の実務を担う株式会社プラットフォーム・ワン(P1)取締役副社長寺廻友子氏にお話を伺うシリーズ第三回目。昨今業界で注目を集めている「アドベリフィケーション」。その内容や背景、業界内での議論の論点などについて、今回は、株式会社博報堂DYデジタルソリューションプラニング本部メディアプランニングユニットインテグレーテッドプランニンググループ 清水康隆氏とともに解説いただいた。

    (聞き手:ExchangeWire Japan 野下 智之)

    続きを読む

  • プログラマティックの世界にセールスは必要なのか?

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    プログラマティックバイイングが行われるようになると、セールスチームは必要なくなるのだろうか?もちろんそんなことは無いが、営業に求められるスキルは変わってくるだろう、と独立系のテクニカルコンサルタントであるPaul Gibbins氏がExchangeWireに語ってくれた。

    続きを読む

  • 日本のプログラマティック市場動向と今後の戦略-OpenX社 CEO Tim Cadogan氏へのQ&A

       

    グローバル大手アドエクスチェンジ、OpenX社トップは、日本におけるプログラマティック市場をどのように見ているのか。市場に対する見解と同社の今後の戦略について、同社CEO Tim Cadogan(ティム・カダゲン)氏にお話を伺った。

    続きを読む

  • 【P1寺廻氏に聞く。プログラマティック・トレンドワードのいま】~第2回ヘッダービディングとS2S~

    昨今注目を集めるプログラマティック領域のキーワード。実際に実務領域ではどのような現状にあるのか。

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)の連結子会社でプログラマティック領域の実務を担う株式会社プラットフォーム・ワン(P1) 取締役副社長 寺廻友子氏にお話を伺うシリーズ第二回目。

    今回は、ヘッダービディング・S2S(Server to Server)接続について解説をいただいた。

    (聞き手:ExchangeWire Japan 野下 智之)

    続きを読む

  • 【P1寺廻氏に聞く。プログラマティック・トレンドワードのいま】~第1回プライベートマーケットプレイス~

    昨今サプライサイドで注目を集める「ヘッダービディング・S2S(Server to Server)接続」や「PMP(プライベート・マーケットプレイス)」、「アドベリフィケーション」。これらのキーワードについて、実務領域ではどのような現状にあるのか。

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社の連結子会社で、プログラマティック領域の実務を担っている株式会社プラットフォーム・ワンの取締役副社長 寺廻友子氏にお話を伺った。

    (聞き手:ExchangeWire Japan 野下 智之)

    続きを読む