急成長の動画リワード広告市場、2018年の市場規模は170億円、2022年には378億円に【fluct調査】

VoyageGroupの国内SSP大手のfluctが、動画リワード広告市場に関する調査結果を公表した。2018年の市場規模は170億円、2017年比約2.4倍となると見通している。

動画リワード広告の領域はここ数年で急速に伸びている。参入事業者も相次いでおり、FacebookやGoogleのAdMob、TwitterのMoPubなど、グローバル広告プラットフォームも参入、アプリプロモーションにおける動画フォーマット領域の新たな主戦場ともなりつつある。

グラフ:国内動画リワード広告市場規模予測 2016年-2022年

現在動画リワード広告の広告主の多くは、ゲームアプリであるが、最近はフリマアプリや漫画アプリなど、ゲーム以外の比率が高まってきている。広告主の業種、配信先アプリ媒体のカテゴリともに、広がりが見られている。

動画リワード広告市場は、2022年には378億円にまで拡大すると予測している。

fluctは、先日同社SSP fluctにおいて動画リワード広告をリリースしており、この領域に本格参入を果たしている。

タグ

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長

外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。