×

D2C・CCI、2014年スマートフォン広告市場、動画広告市場の推計結果を公表

D2C Logo

電通系列のモバイル広告会社D2Cが、CCIと共同で実施した2014年のスマートフォン広告市場推計結果を公表した。

 

 

 

 

スマートフォン広告市場規模推計(2014年1-12月)インターネット広告全体におけるスマートフォン広告比率スマートフォン広告市場規模推計(2014年1-12月)スマートフォン広告市場規模(推計値)の推移

 

D2CとCCIは、半期ごとにスマートフォン広告市場規模推計を公表してきた。

今回の公表結果によると、2014年年間のスマートフォン広告市場規模は3450億円、対前年比166%と大きく成長、電通が今年2月に公表した2014年インターネット広告媒体費8245億円の42%に達した。

広告商品別の内訳は、枠売り広告が350億円(構成比10%)、成果報酬型広告が632億円(同18%)、運用型広告が2468億円(同72%)。また運用型広告の中では、検索連動型広告が1194億円(同35%)、アドネットワーク(運用型)が1015億円(同29%)、運用型のソーシャル広告は259億円(同8%)と推計している。

このうち運用型のソーシャル広告が対前年比で575%と高い成長を遂げた。

 

スマートフォン広告市場規模推計(2014年1-12月) スマートフォン広告タイプ別構成比スマートフォン広告市場規模推計(2014年1-12月) スマートフォン広告タイプ別成長率

 

今回の調査では、動画広告市場推計結果も合わせて公表しており、2014年のPC・スマートフォンを合わせた市場規模を290億円程度の規模、インターネット広告媒体費の3.5%としている。

 

 

 

タグ

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長 外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。