×

オプト、イルグルムと連携しLTV予測に基づくD2C向け広告運用支援を開始[ニュース]

オプトは、データマーケティング事業において戦略的パートナーシップ関係にある、イルグルムと連携し、LTV予測に基づくD2C向け広告運用支援を開始した。

 

近年のD2C市場の急速な拡大による新規参入企業増や、企業の新規顧客向けプロモーション量の増加が、Web広告のCPA高騰を起こしている。その結果、CPAのみに注目した広告施策により、顧客ロイヤリティを高められずリピート購入率が低下し、リピート売上や事業全体の売上成長率の鈍化を招くといった問題が浮き彫りになっている。このような背景から、LTVに注目した広告評価の重要性が高まっていることが、この取り組みの背景にあるという。

 

イルグルムの提供する「アドエビス」に実装している、LTV予測機能「LTVForecast」を活用し、企業のプロモーション効果をLTVの観点で可視化し、プロモーションのプランニングを実施。オプトの提供する、データ活用プラットフォーム「ONE’s Data」を活用し、LTV向上に向けた広告配信を行なう。

 

出典:オプトプレスリリース

 

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長 外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。