×

HubSpot日本法人、代表に元Googleの廣田 達樹氏が就任[ニュース]

CRMプラットフォームを提供するHubSpot Japanは、HubSpotのカントリーマネージャーに廣田 達樹(ひろた たつき)が就任し、日本法人の代表となったことを公表した。

 

廣田氏はGoogle、VMware、ヒューレット・パッカードなどのテクノロジー業界で26年にわたって直販営業、代理店とのパートナーシップ営業、事業開発等の幅広い経験を積んでいる。Google在籍時には日本、韓国、東南アジア地域のビジネス開発コンサルタントチームの責任者として、6,000社を超える企業のデジタルトランスフォーメーションを支援した。

HubSpot Japanは2021年7月に日本法人設立5周年を迎えており、顧客支援を強化するために、2025年までに従業員数を現在の約4倍となる300名規模に増員する予定とのこと。

廣田氏はHubSpot日本法人の代表として組織の拡大を牽引し、ユーザーやパートナーとの連携強化および日本企業の多様化するニーズに合わせた製品・サービスの提供を通じてHubSpot Japanの事業拡大を目指す。

 

■ 廣田 達樹氏のコメント
「HubSpotは『インバウンド』という考え方の実践ツールとしてCRMプラットフォームを開発・提供している点で独自性を持つ企業です。『相手から価値を受け取る前にこちらから価値を提供することで顧客との信頼関係を築く』というインバウンドの考え方は、2020年以降の変化に日々適応し続けている日本企業の皆さまにも有益な示唆をもたらすものと確信しています。HubSpot日本法人設立以前から日本の販売パートナーの皆さまが築いてこられたHubSpot製品への信頼とインバウンドの思想への共感、そしてHubSpot Japanが設立からの5年間で築いてきた事業基盤を元に、日本法人の代表としてHubSpot Japanがますます強固に日本の皆さまとつながり、皆さまの成長を支援していけるよう尽力してまいります」

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長 外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。