×

Teads、共同CEOにJeremy Arditi(ジェレミー・アルディティ)氏が就任

Teadsは、新しいグローバル役員人事を発表した。

 

2021年11月11日付で新Co-CEO (共同CEO)に Jeremy Arditi(ジェレミー・アルディティ)氏が就任した。

Teadsは、Pierre Chappaz(ピエール・シャパズ)とBertrand Quesada(バートランド・ケサーダ)氏によって設立され、現在Alticeのグループ企業として、グローバルメディアプラットフォームを運営しているす。

Jeremy Arditi(ジェレミー・アルディティ)氏は共同C E Oへの就任により、北米・南米の地域をメインに、マーケティング、リサーチ、Teads Studio、データ、R&D部門を統括することとなる。

共同創設者兼C E Oのバートランド・ケサーダ氏は、EMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ)、 APAC(アジア太平洋)を広く担当し、Teads Ad Managerやパフォーマンスプロダクトなどの技術・開発を兼任することとなる。

また、創設者兼会長のピエール・シャパズ氏は、これまでグローバル横断にて若手の育成から、テクノロジー開発、事業開発等を全般的に担当していたが、今回の人事により事業の中核から離れることとなったが、取締役会会長の任は継続する。

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長 外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。