×

セプテーニが提唱する「統合プランナー」の重要性

(Sponsored by Septeni Japan)

 

セプテーニでは、顧客企業のビジネス成長に向き合うパートナーとして、企業やサービスのブランディングといったアッパーファネルから、CRMを活用したユーザー育成までを一気通貫で捉え、オンライン・オフライン両面から統合的にマーケティングを支援しています。

 

私はマーケティング戦略本部統合プランニング部という部署に所属し、デジタル広告運用で培ったデータに基づいた分析力やメディア知識をベースに、オフラインの知識を加えて、オンオフ統合案件のプランニングを担当しています。オンオフを超えた統合的なマーケティングに注目が集まる中でも、あまり統合プランナーという役割についてはご存じでない方も多いのではないかと思います。

 

そこで本コラムでは、セプテーニの統合プランナーについてご紹介いたします。

 

1.いま統合プランナーが必要な理由

昨今、オフライン(マス)とオンライン(デジタル)両面からマーケティング施策を実施する重要性が増しています。

一方で、マスとデジタルで代理店やチームを分けてしまうと、マーケティング目的やKGI、KPIに対して戦略・手法・分析においての分断が生じ、効果的な連携ができないという課題も出てきます。

より効果を高めるためには、同じ目的・ゴールに対して、マス・デジタルのワンチームでマーケティングを統合的に構築することが大切です。

 

 

 

 

このように、フルファネルでプランニングを行う統合マーケティングの重要性が増すにつれ、統合マーケティングにおけるプランニング・施策実行によってビジネス課題を解決できる人材の必要性が高まっているのです。

セプテーニにおいて、こうした業務を担っているのが「統合プランナー」です。主にデジタルの知見とTVCM等のオフラインの知見を持ち合わせ、フルファネルで課題抽出から施策実行までを一貫して行っていくことが求められます。

 

 

2.統合プランナーに求められるスキルと素質

統合プランナーに求められるスキルとしては

 

・オンオフ横断での網羅的な知識

・ 多様なマーケティング上の課題に合わせて適切なメディアプランを組み立てられるスキル

・(上記を実現する為に)顧客や協力会社、社内との連携を推進するプロジェクトマネジメントスキル

 

などがあります。

セプテーニでは、これを習得するために、統合プランナーチームで独自の育成スタイルを構築し、日々ブラッシュアップを重ねています。

 

 

その育成スタイルの一例として、セプテーニでは、チームで個のスキルを伸ばすために、定量的に自己と他者からの評価をマッチさせながら成長できる仕組みを取り入れています。

具体的には、主にこの3点です。

 

1)個人ロードマップの策定

目指すべき先を定量・定性で言語化し、マイルストーンを設定

 

2)スキルマップの導入

上記をクリアするにあたっての必要スキルを洗い出し、個々人が現状を把握するとともに足りないものを身につけるようにし、3カ月に1回の頻度でチェックを行う

 

3)2on1の実施

日々の学びを定期的に振り返る場を設け

KPT(Keep・Problem・Try)を言語化し、対話の中で学びを最大化させる

 

統合プランナーは顧客の課題を解決することが提供価値であり、顧客から課題を引き出し、伝えること(ヒアリング力・プレゼン力)や、関係者との連携・折衝といったコミュニケーション力が大事だと考えており、座学では学び切れない要素が多いのが事実です。

そのため、セプテーニでは特に知識習得後の振り返りによる経験の言語化を重要視しています。

 

振り返りにより経験を言語化することで、1回あたりの経験の価値を高め、同じ事象に対しての対応力だけでなく、初めて経験することに対しても自ら思考し対応できるようになってもらうためです。

 

また、これらのスキルの習得に加え、セプテーニでは以下の素質も大切にしています。

 

・顧客について深く理解し、まだ満たされていないニーズや問題を発見して解決できる

・競争力を発揮するために、プロフェッショナルとして専門性を磨き続けられる

・スピードを強みにしながら、最善策をご提案しつづける

・顧客のビジネス成長に誰よりも強くこだわり抜ける

・新規事例の創出など新しいチャレンジが好き

・定型業務だけではなく、柔軟性を求められる環境を楽しめる

 

 

3.幅広い経験を強みに、会社の最前線を担うマーケターへ

これまでの経験から、セプテーニでの統合プランナーの魅力は、デジタルの専門性を土台としながらオンライン・オフラインの両方をプランニングできる点や、社内外と連携し、常に最新の情報をインプットして提案の場に立てる点だと考えています。

 

加えて、ブランディング領域からダイレクトレスポンス領域まで幅広くプランニングでき、かつ将来的には顧客の事業戦略から広告戦略へ落とし込むストラテジープランナーを目指せるポジションでもあります。

 

このように統合プランナーは、幅広い経験を強みに、会社の最前線を担うマーケターとして活躍できるでしょう。

 

 

 

4.最後に

セプテーニでは、統合プランナーの育成に注力しており、在籍年数に関わらず、若手のプランナーもその強みを生かしてお客様のマーケティング課題に全力で向き合っています。

私としても、「統合プランナー」のあるべき姿を模索し続け、今後も実践を通じて得ることのできたノウハウを、お客様への課題解決プランに結び付けたいと思っています。

 

オンオフのマーケティングを統合し、より効果の高い施策を実施したいと考えている企業様はぜひ一度当社にお問い合わせください。

 

また、セプテーニで統合プランナーとして活躍したい方は、こちらの採用サイトからご応募ください。

 

※セプテーニが目指す「オンオフ統合」とは

過去のイベント「電通×セプテーニで70社以上の協業実績を通して見えてきた”真のオンオフ統合マーケティング論」のアーカイブ動画はこちら

 

 

 

コラム執筆者

新井 美咲

Septeni Japan株式会社

マーケティング戦略本部統合プランニング部プランナー

 

 

 

2018年入社、Yahoo!、Googleをメインにリスティング広告・ディスプレイ広告ともに女性系商材の運用業務に従事。

運用コンサルタントの部署内で、月間MVP等受賞後、2019年2月からマーケティング戦略本部に異動。

現在は、統合プランナーとして、多くのコンペ・提案に参画。フルファネルのKPI設計からメディアプランニングを得意とする。

全社表彰において、31期下期および32期上期にスタッフ部門 半期MVPを受賞

ABOUT 渡辺 龍

渡辺 龍

ExchangeWireJAPAN 編集担当
立教大学社会学部現代文化学科卒業。大学卒業後は物流企業にて海外拠点と連携し、顧客の輸出入サポート業務全般に従事。 その後、2021年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。デジタル広告市場調査などを担当している。