×

広告運用自動化ツール「Shirofune」に新機能、審査落ち広告クリエイティブレポート機能をリリース[ニュース]

広告運用自動化ツール「Shirofune」は、新たに広告クリエイティブ最適化領域の新機能を搭載する。その最初の機能として、ユーザーが配信設定を行なった各媒体の広告クリエイティブの中で、審査落ちしているものをワンクリックで統合レポートにする機能をリリースする。

 

これまで広告クリエイティブの審査落ちを告知する機能がなく、自身で広告媒体の管理画面でチェックするか、運用状況を見て初めてそれに気付くという状況になっていた。

 

今後はShirofuneから審査落ちした各広告媒体の広告クリエイティブの一覧をワンクリックで統合レポートにすることができ、メール通知機能をオンにすると、新規の審査落ち発生時に自動でレポートが送付される。

 

また広告媒体側では未対応の、レスポンシブ広告や広告表示オプションなどのアセット単位(テキスト・画像)ごとの、審査落ちチェックにもShirofuneは対応している。

 

【審査落ち広告クリエイティブのチェック対象】
Google広告 / Yahoo!広告 / Facebook広告 / Twitter広告 / LINE広告

【チェック対象項目】
広告単位 / 画像などクリエィティブ単位 / アセット単位 (レスポンシブ広告など、テキストや画像など) / 広告表示オプション単位 (サイトリンク、コールアウトなど)
※審査落ち理由の表示は未対応のため、広告配信プラットフォーム上で確認をする必要がある。

 

今後は広告クリエイティブ最適化領域の機能として、広告クリエイティブの解析機能(動画・静止画)や効果検証機能などの追加を予定しており、Shirofuneでは既存の広告配信最適化領域や統合ダッシュボード化領域に加え、広告クリエイティブ最適化領域の機能拡充を通じて、ユーザーの広告運用の体制構築や成果改善に対して総合的に貢献していくとしている。

 

ABOUT 柏 海

柏 海

ExchangeWireJAPAN 編集担当
日本大学芸術学部文芸学科卒業。 在学中からジャーナリズムを学び、大学卒業後は新聞社、法律・情報セキュリティ関係の出版社を経験し、2018年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。デジタル広告調査などを担当する。