×

今月の東アジアアドテクシーン

広告テクノロジー業界を定点観測するExchangeWire編集部が、過去一か月間に東アジア地域(中国、韓国、台湾、香港)で起こったトピックの中から特に注目すべきものをピックアップしてお届けする。

 

 

 

中国モバイルプラットフォームMadhouseの新プロダクトが″年間で最もイノベーティブなプラットフォーム“に選出される

中国、インドでモバイル広告プラットフォームを展開するMadhouseが、今年1月にリリースしたプログラマティックバイイングサービスが、Vmarketing China magazineより、″年間で最もイノベーティブなプラットフォーム″ として選ばれた。(英語)

 

中国IT大手Cheetah Mobileがフランスモバイル広告プラットフォームを買収

中国の大手インターネット企業Cheetah Mobileが、フランスのモバイル広告プラットフォームMobPartnerを約5800万ドルで買収したことを3月16日に公表した。(日本語)

 

中国検索エンジン事業者2014年の売上が600億元を突破

中国調査会社iResearchによると、2014年の中国検索エンジン事業者の合計売上が対2013年比5.19%増の601億100万元に達した。(英語)

このうち81.6%をBaiduが占めた。モバイルからの売上は、全体の28.6%に相当する171億6000万元とのこと。

 

マイクロアドコリア、「ダウムカカオ」が提供するSNS「カカオストーリー」の正規代理店に認定

マイクロアドの韓国現地子会社マイクロアドコリアが、「ダウムカカオ」が提供するSNS「カカオストーリー」の正規代理店として認定された。これにより、同社を通して同国内No.1のシェアを誇る「カカオストーリー」のユーザー約6,700万人に対し、最適かつ効果的な広告配信が可能となる。(日本語)

 

韓国Mocoplexがモバイルビデオ広告の提供を開始

韓国のMocoplexが、インバナー型のモバイルビデオ広告の提供を開始した。(英語)

オートプレイで表示されるビデオ広告は、同社が運営するモバイル広告アドネットワークAdlibを通して7000以上のメディアに配信が可能となる。

 

韓国YELLOW MOBILEがインドネシアのアドテク企業を買収

韓国のモバイルメディア大手Yello Mobile傘下のYellow Digital Marketingが、インドネシアのアドテク市場でリーディングカンパニーのAdplusを買収。「韓国で培った経験と技術で東南アジアのモバイルとデジタルマーケティングにフォーカスし投資をしていく」とYello MobileのCEO LEE氏はコメントしている。(英語)

 

モビデイズが韓国モバイル市場をとりまとめたKM report3月号を公開

韓国のモバイル広告会社モビデイズが、直近の韓国モバイル市場をとりまとめたレポートを公表した。(日本語)

今月は、FinTech、ゲーム市場、モバイルユーザー動向などを特集している。

韓国モバイル市場について、分かりやすく解説されているので、ご一読をお勧めする。

 

中華圏展開の架け橋を担う「Vpon」が語る、日本と東アジアのモバイル広告市場 <インタビュー>

台湾No.1のモバイルアドネットワークVpon CEO Victor Wu氏が来日、ExchangeWireJPが日本での事業展開や、中華圏の市場について聞いた。(日本語)

 

Twitterが香港にオフィスを開設

Twitterが中国企業のプロモーション需要獲得のため3月10日に香港に拠点を開設した。(英語)

中国本土でのサービス提供が禁止されている同社だが、中国国内企業のグローバル展開の進展とともに高まる中国国外でのプロモーション需要の獲得を目指し、今回の拠点開設に至った模様。

 

 

 

 

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長 外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。