先週のアドテクシーン:博報堂DYグループ、プレミアムな運用型インストリーム動画広告サービスを開始



広告テクノロジー業界を定点観測するExchangeWire編集部が、過去一週間に起きたトピックの中から特に注目すべきものをピックアップしてお届けする。

【トップニュース】

博報堂DYグループ、プレミアムな運用型インストリーム動画広告サービスを開始

ロゴ

博報堂DYメディアパートナーズ、株式会社博報堂DYデジタル、DAC、プラットフォーム・ワンは、配信対象をテレビ放送局が運営するメディアなどプレミアムな動画コンテンツのみに限定した運用型インストリーム動画広告サービス「Brand View Instream Ad(TM)」(以下 Brand View)の提供を開始した。

広告の配信先をプレミアムメディア・プレミアムコンテンツに限定し、ブランドセーフティやアドフラウドの不安を払拭、広告完全再生率やViewabilityなど、広告視聴の質の観点で優れていることがその特徴となる。

【アンケートご協力お願い】

ロゴ

ExchangeWire JAPANを運営するデジタルインファクトでは、広告業界の皆様を対象にした各種アンケート調査を実施しております。

1.ブランディング活動における媒体選定の現状と今後に関するアンケート調査

ご回答はこちらから

■調査対象となる方:広告主ならびに広告会社(広告代理店、トレーディングデスク、メディアレップ)のお立場で、企業のブランディング活動を目的とする広告媒体の選定と出稿業務に携わる方。

■回答所要時間:3分-5分程度

■ご回答いただいた方には:先着で200名様(広告主100名、広告会社100名)に、Amazonギフトコード1000円分を贈呈させていただきます。

2.インターネット広告市場の見通しに関するアンケート調査 2018Q4

ご回答はこちらから

■調査対象となる方:インターネット広告ビジネスに関わっている、広告主、広告会社(代理店・メディアレップ・トレーディングデスク)・アドテクベンダー・媒体社に所属されている方。

■回答所要時間:3分-5分程度

■ご回答いただいた方には:後日調査結果レポート(PDF版)をお送りさせていただきます。

【新サービス・新機能】

アドウェイズ、運用型広告データを統合管理する「STROBELIGHTS X」をリリース

ロゴ

アドウェイズは、主要広告メディアのデータを統合管理する運用型広告総合プラットフォーム「STROBELIGHTS X(ストロボライツクロス)」をリリースした。
人が従来行っていたトレーディングデスク機能を機械化する事で、メディアを横断しての広告効果レポートの一元管理及び可視化、KPI管理機能による広告主ごとのKPI達成状況のモニタリングを行うことが可能となる。
図

出典:同社プレスリリース

AJA、ヘッダービディングをファーストプライスオークションに移行

ロゴ

サイバーエージェントグループ子会社AJAは、メディア向けに提供する「AJA SSP」のヘッダービディングを用いた広告配信において、ファーストプライスオークションに移行した。
メディアは高単価案件における広告取引の機会損失を回避することができ、収益の改善が期待される。
イメージ図

出典:同社プレスリリース

モメンタム、アドベリフィケーションへの積極的な取り組みを行う広告代理店事業者を認定する「Agency Certification Program(ACP)」を開始

ロゴ

モメンタムは2019年1月より、モメンタムのソリューションを活用しながらアドベリフィケーションへの取り組みを積極的に行う広告代理店事業者の認定プログラム「Agency Certification Program(ACP)」を開始した。(PDFアイコンPDF)
初回のプログラムパートナーとして、ADKマーケティング・ソリューションズ、博報堂DYメディアパートナーズ、ハートラス、Supership、電通グループの5社を認定した。

【サービス連携・業務提携】

DSP 「Logicad」、「GMO SSP」との接続を開始

ロゴ

ソネット・メディア・ネットワークスは、DSP 「Logicad」のネイティブ広告の強化を目的に、GMOアドマーケティングが提供する「GMO SSP」との接続を開始した。
今回の接続により、「GMO SSP」が提携している月間約100億インプレッションの広告枠に対して配信が可能となり、インフィードおよびレコメンドウィジェットをはじめとするネイティブ広告の大幅な拡充が見込めるとのことだ。

【資本提携・買収】

DAC、オリジナルGIF制作・配信を行う株式会社GIFMAGAZINEへ出資

ロゴ

DACは、オリジナルGIFや広告GIFの制作・配信を行う株式会社GIFMAGAZINEの第三者割当増資を引き受け、資本提携を行ったことを公表した。

GIFMAGAZINEは、GIFが欧米においてコミュニケーションツールとして普及しつつあった時期からGIFによるコミュニケーションに着目し、日本における普及活動に取り組んできた。
DACは、日本のGIF市場主要プレイヤーであるGIFMAGAZINEと資本提携を結ぶことにより、GIFを活用した企業とユーザーの良好な関係(エンゲージメント)構築を支援していく。

Kaizen PlatformとNTTアドが業務・資本提携に合意

ロゴ

Kaizen PlatformとNTTアドは、NTTグループ内外のデジタルトランスフォーメーション支援に向けたモバイル動画を活用したマーケティングソリューション、モバイルサイトのUXソリューションの提供およびプラットフォーム開発を目的として、NTTアドによるKaizen Platformへの出資並びに戦略的業務提携について合意した。

業務提携の概要は、「 NTTグループ各社へのソリューション提供」、「合弁会社設立を視野に、両社の技術・ノウハウを活用した新ビジネスモデルの検討」、「両社間の人材交流」など。

NTTアドは、Kaizen Platformから約5億円の第三者割当増資を引受けた。Kaizen PlatformはNTTドコモ・ベンチャーズが運用するファンドからも出資を受けている。

【決算】

サイバーエージェント19年Q1決算発表、ネット広告事業は628億円11.1%増

ロゴ

サイバーエージェントは、19年度第一四半期(18年10-12月期)の決算を発表した。(PDFアイコンPDF)

インターネット広告事業は628億円、前年比11.1%増で四半期売上は過去最高を更新した。
同社は、現状市場においては、前年比20%-30%の成長を達成するに不可欠な、出稿意欲がとても高い業種の広告主や広告在庫が急拡大するような広告商品が出てきておらず、現状の成長率にとどまっているとの認識を示している。(PDFアイコンPDF)

【市場調査】

PubMatic、2019年におけるデジタル広告のグローバルトレンドをとまとめた調査レポートを発表

ロゴ

PubMaticは、グローバルのデジタル広告市場やプログラマティック広告市場の統計データをとりまとめた調査レポートを公表した。

欧米やグローバルにおけるデジタル広告市場の上位国のトレンドを一目で把握することが出来る。

アドフラウドの被害総額は26億円規模!?Phybbit、「アドフラウド調査レポート 2019年1月」を発表

ロゴ

Phybbitは、「アドフラウド調査レポート2019年1月」を公開した。

アドフラウド対策ツール「SpiderAF」で約5,946億9,544万のデータを解析した結果としてまとめたものとなる。

タグ

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長

外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。