×

Teads、コロナウイルス 状況下における消費者のメディア視聴習慣を公開

Teadsは世界中の消費者のための新しいメディア消費傾向「Teadsメディアバロメーター」を発表。コロナウイルス状況下における消費者のメディア視聴習慣を明らかにした。
今回開発されたTeads独⾃の「Teadsメディアバロメーター」は、カテゴリー全体のコンテンツ消費傾向を解析するツールである。

広告主は安全性の⾼い、メディアプランニングやバイイングに役⽴つ情報を得ることができる。

2020年1⽉以降、Teadsは、パブリッシャープラットフォームにおいて、最⼤で62ポイントトラフィックの成⻑指数が増加したとのことだが、このメディアバロメーターを通じ3⽉から4⽉の中旬までの30⽇間、最も多く読まれた記事や、最も急成⻑したトピックを分析した。

 

調査結果のポイントは以下のとおりである。

• ⽇本政府(内閣府、経済政策)に関連するコンテンツが62ポイント急騰。

• 健康、ダイエットに関連するコンテンツが40ポイント増加。エクササイズは27ポイント増。

• ⾷事と栄養に関連する健康も10ポイントの増加。

• 企業情報と職業(キャリア)への関⼼が⾼く27ポイント増加。

• 料理に癒しや安堵を求める傾向により、レシピや⾷材に関連するコンテンツが10ポイント上昇。

• ⾃粛中のエンターテイメントは、ビデオゲームのコンテンツが60ポイント予想通り増加。関連する、テック・コンピューターコンテンツは15ポイント増。

• 消費者は、不要不急の外出は避ける中で、ホームインテリアへの興味が15ポイントUP、移動⼿段の⼀つである⾃動⾞コンテンツへの関⼼も寄せており、10ポイント上昇傾向。

※リサーチ対象期間は、2020年3⽉2⽇から4⽉19⽇

 

 

データのダウンロードはこちらから

 

 

出典:Teads

タグ

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長 外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。