×

セプテーニ、「攻め」のツールとしてのGA4活用方法をテーマにウェビナーを開催-7/21(木)14時-[ニュース]

 

セプテーニは、7月21日(木)、GA4の活用方法をテーマにしたウェビナーを開催する。

(Sponsored  by Septeni Japan)

 

 

Googleより、2023年7月以降ユニバーサルアナリティクス(以下「UA」)のサポートを終了することが発表された。

 

UAのサポート終了以降もGoogleアナリティクスを使用したサイト分析を行うには、Google Analytics 4(以下「GA4」)を導入する必要がある。

GA4の導入にあたり、マーケティング課題に対応した分析を行うためには、これまでUAで行っていた分析をGA4上で再現することはもちろん、UAとGA4の違いや仕様を理解した上で活用することが重要となる。

 

しかし、市場全体の導入事例が少ないことや日々アップデートが行われているプロダクトであることから、現在はまだGA4に十分に対応できていない企業が多くいる。

 

そこで今回は改めて、GA4が登場した背景を踏まえつつ、UAからGA4に移行する方法だけでなく、デジタルマーケティング課題を解決するための「攻め」のツールとしてのGA4活用方法について解説する。

 

 

 

開催概要

日時

2022年7月21日(木) 14:00~15:00

会場

オンライン開催(Zoom上でウェビナー)

こんな方にオススメ

UAからGA4移行がまだお済みでない企業のご担当者様

GA4は導入したものの有効に活用できていない企業のご担当者様

自社データ活用にご興味のある企業のご担当者様

費用

無料(事前登録制)

定員

300名

講演内容

◆第一部◆

GA4が登場した市場背景

GA4とは

GA4活用のメリット

 

◆第二部◆

セプテーニが考える「攻め」のGA4活用ロードマップ

1. UAからGA4への移行

2. GA4計測のCookieレス環境対策

3. GA4×BigQuery連携によるGA4データの有機的活用

4. BigQueryを用いたCDP構築

 

当社のGA4活用のケーパビリティ

 

注意事項

※ご参加には事前登録が必須となります。

※セミナー後、数問の任意回答アンケートにお答えいただく場合がございます。

※競合他社、パートナー企業からのお申込みはお断りさせていただきます。

※フリーアドレスからのお申込みはお断りさせていただきます。

※本ウェビナーは、途中参加・途中退場自由となります。

 

講演者プロフィール

亀井 康介

Septeni Japan株式会社

コンサルタント

 

 

 

セプテーニに入社後、UA・GA4を含む計測ツールやタグマネジメントにおけるサポート業務の他、ダイナミック広告に使用するメディアフィード設計などに従事。現在はデータ事業本部に所属し、GA4やS2S連携ソリューションをはじめとしたデータ活用支援に注力している。

 

ABOUT 渡辺 龍

渡辺 龍

ExchangeWireJAPAN 編集担当
立教大学社会学部現代文化学科卒業。大学卒業後は物流企業にて海外拠点と連携し、顧客の輸出入サポート業務全般に従事。 その後、2021年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。デジタル広告市場調査などを担当している。