×

セプテーニ×Twitter 対談記事のご紹介

 

 

【1】新プロダクトで最速で成果を出したセプテーニの運用研究事例 - 認知から獲得まで

【2】Twitterの価値を共に見出していく、セプテーニとTwitter のコミットメント

 

 

Septeni Japan株式会社はTwitter Japan株式会社との協力体制を築いてきた中で、代理店として最上位のゴールドパートナーの認定を受けています。先日、2社の対談記事がTwitterオウンドメディアおよびセプテーニグループ公式noteにて公開されました。「新プロダクトでの成果」や「健全性への取り組み」などについてお話をしています。ぜひご覧ください。

(Sponsored by Septeni Japan)

 

 

 

【1】Twitterオウンドメディアに掲載された対談記事では、2022年1月新プロダクトとして発表された、ランディングページへの到達を目的に置いた配信を最適化する「サイト訪問数最適化」、15秒の動画視聴完了が目的の配信を最適化する「15秒最適化」について、いち早く実施した効果検証についてお話しています。エン・ジャパン株式会社の「ミドルの転職」でサイト訪問数最適化を適用したところ、従来比でCPAを40〜50%改善という大きな効果を発揮しました。本案件を通じて導き出したサイト訪問数最適化の成果を上げるための運用のコツやプロダクトへの評価、また、「15秒最適化」についての効果検証および検証から得られた知見についてお話しています。

 

対談記事の詳細はこちら

▼Twitterオウンドメディア

「新プロダクトで最速で成果を出したセプテーニの運用研究事例 - 認知から獲得まで」

https://marketing.twitter.com/ja/success-stories/certified-agency-septeni

 

 

 

【2】セプテーニグループ公式noteでは、「デジタル広告の健全性」と「認定代理店制度」をテーマに、Twitter Japan株式会社の執行役員の小泉増良氏とSepteni Japan株式会社 パフォーマンスグロース本部 セントラルメディアグロース室本部長の本間 崇司の対談の様子を掲載しています。

デジタル広告において、未だに不快なアプローチや適法ではないクリエイティブが見受けられる現状で、セプテーニでは「損得より善悪」で判断し健全性を追求しているなど、健全性に向けた取り組みについてお話しています。

また、Twitter小泉氏から見たセプテーニの強みについても言及。「こういうTipsがありますみたいなこと言っても鵜呑みにしない。良い意味で疑ってかかるところがあって、本当に正しいのかを自分たちの手で検証して、こうなんじゃないかってところをストレートに返してくることがすばらしい」「非常に信頼している」というコメントもありました。ゴールドパートナーとしてのセプテーニへの強い信頼感と期待感を持っていただいている様子がわかる内容となっています。

 

対談記事の詳細はこちら

▼セプテーニグループ公式note

「Twitterの価値を共に見出していく、セプテーニとTwitter のコミットメント」(前後編)

【前編】https://note.com/septeni_group/n/n63d461510335

【後編】https://note.com/septeni_group/n/nd9d8385b531c

ABOUT 渡辺 龍

渡辺 龍

ExchangeWireJAPAN 編集担当
立教大学社会学部現代文化学科卒業。大学卒業後は物流企業にて海外拠点と連携し、顧客の輸出入サポート業務全般に従事。 その後、2021年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。デジタル広告市場調査などを担当している。