×

サイバーエージェント アドテクスタジオが米国市場に参入、サンフランシスコに拠点設立

サイバーエージェントのアドテクスタジオが、米国にサンフランシスコ支部を設立し、米国インターネット広告市場に参入することを公表した。(PDFアイコンPDF)

 

米国での展開は、アドテクノロジー事業の拡大と米国向けスマートフォン広告の開発強化が目的とのことであり、サンフランシスコ支部はサービス開発拠点となる。

同拠点の設置により米国現地向けサービスの開発強化を行い、海外事業における売上高について 2017 年で 10 億円を目指すとのことである。

 

米国では、グループ会社のCyberZが既に2012年に同じサンフランシスコに拠点を設立している

 

アドテクスタジオは、DSPやDMPをはじめ、数多くのプロダクトを持つが、およそ5兆円規模の米国デジタル広告市場に対して、どのようなプロダクトを核に据えて事業拡大を図るのかが、注目に値する。

 

 

 

タグ

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長 外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。