×

ポストクッキーのデータ活用方法を議論する-パブマティック、オンラインイベント「VIRTUAL PUBACADEMY JAPAN」を4/21(水)に開催

 

 

パブマティックは、2021 年04月21日(水)の夕刻に、オンラインイベント「VIRTUAL PUBACADEMY JAPAN」を無料開催する。

詳細とご登録はこちらから

 

 

 

新型コロナ感染の影響が経済全体に影響を与えているなか、サードバーティクッキーやIDFAの廃止が改めてに発表され、デジタル広告業界には大きな変化が訪れている。

パブマティックが定期的に開催しているオンラインイベントのPubAcademyではオーディエンスデータの活用方法について、同社のファースト・パーティー・データを利用可能にする「Audience Encore」を導入しているぴあ株式会社を迎え、同社のDMP サービス「PIA DMP」との連携について紹介する。

パネルディスカッションでは、DMP、デマンド、IDソリューション、サプライの代表と、それぞれの角度からポストクッキーのデータ活用について論議を展開する。

また、MediaMathから、デジタルメディアエコシステム「SOURCE」についてのプレゼンテーションも予定している。

 

アジェンダ

16:00 – 16:10 ご挨拶

パブマティック株式会社 カントリーマネージャー 廣瀬 道輝氏

 

16:10 – 16:25 プレゼンテーション:デジタルメディアエコシステム「SOURCE」

MediaMath 事業開発部 事業開発マネージャー スチュアート・グレゴリー 氏

 

16:25 – 16:40 対談:オーディエンスデータの活用 Audience Encoreの事例

ぴあ株式会社  デジタルメディア・サービス事業局 営業推進部 プロデューサー 兼 ソリューション開発部  廣瀬 仁 氏

パブマティック株式会社 カントリーマネージャー 廣瀬 道輝氏

 

16:40 – 17:15 パネルディスカッション:ポストクッキーのデータ活用方法

パネリスト:

ぴあ株式会社 デジタルメディア・サービス事業局 営業推進部 プロデューサー 兼 ソリューション開発部   廣瀬 仁 氏

MediaMath 事業開発部 事業開発マネージャー スチュアート・グレゴリー 氏

LiveRamp Japan株式会社 ヘッドオブパートナーシップス 今井 則幸 氏

パブマティック株式会社 カントリーマネージャー 廣瀬 道輝

 

モデレーター:

ExchangeWire Japan 編集長 野下 智之

 

 

詳細とご登録はこちらから

 

タグ

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長 外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。