×

オムニコムメディアグループとTeads、共同でクッキーレス変換ソリューションの市場導入を発表[ニュース]

 

Omnicom Groupのメディアサービス部門Omnicom Media GroupとTeadsは、Teadsが開発した新しいソリューション「Cookieless Translator (クッキーレス トランスレーター)」の先行導入を発表した。

 

 

Cookieless Translatorは、予測オーディエンスというテクノロジーで設計され、これまでのサードパーティークッキーや、広告主のファーストパーティデータ等の予め定義(設定)されたCookieベースのオーディエンスを、Cookieに依存しない新しいセグメントに自動変換するというもの。

これにより、ブランドがプライバシー重視の時代に安全に移行することを支援するとともに、パブリッシャーの広告収益化の維持拡充を可能としている。

 

 

Omnicom Media Groupのプランナーおよびプログラマティックバイヤーは、クライアントのキャンペーンにおいて、TeadsのCookieless Translatorを利用することで、実運用が可能なインサイト・データを得ることができ、さらにCookieを必要としないカスタムオーディエンスを自動的に構築することが可能になる。

Cookieless Translatorは、Omnicom Media Groupのマーケティングオーケストレーション・インサイトプラットフォームである「Omni (オムニ)」に技術統合される。

また同グループの傘下にあるデータ・分析部門Annalect(アナレクト)において推奨されているプライバシー基準にも、準じているとのことである。

タグ

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長 外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。