×

SO Technologies、「ATOM」の累計導入社数が500社を突破[ニュース]

SO Technologies株式会社は10月19日、広告会社支援SaaS「ATOM」の累計導入社数が500社を突破したことを発表した。また、ATOM上での年間広告流通額も1,000億円を達成した。

 

インターネット広告市場成長と広告媒体の多様化によって、広告運用業務の幅が広がっており、広告会社でも広告運用業務の自動化へのニーズが高まっている。そのなか、ATOMは、リスティング広告、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア広告、DSP等の運用型広告の運用管理に必要な「レポート」「進捗管理」などの業務を自動化する機能を搭載。ATOMを活用し、広告運用業務を自動化することで、運用工数の削減と売上拡大を実現することが可能となっている。

これまでATOMは、定期的にデータ連携できる広告媒体を増やし、機能拡張を進めてきた。その結果、現在ATOMの累計導入社数が500社を突破すると共に、ATOM上での広告流通額は年間1,000億円(※)を超えている。

※1 2020年10月~2021年9月の、ATOMに接続された広告アカウントにおける広告利用金額の合計

 

SO Technologiesでは、数ある広告運用業務を自動化するツールの中でATOMが支持を受けている理由として、「 広告会社向けに特化した機能開発」「 11種類の広告媒体との連携」「 広告運用業務の経験者で構成されたサポートチームによる伴走型のサポート体制」を挙げている。また、今後もATOMの機能のアップデートやデータ連携できる広告媒体の追加を行い、広告運用業務の自動化を進めることで、運用工数の削減と売上拡大の実現を支援していくとしている。

ABOUT 柏 海

柏 海

ExchangeWireJAPAN 編集担当
日本大学芸術学部文芸学科卒業。 在学中からジャーナリズムを学び、大学卒業後は新聞社、法律・情報セキュリティ関係の出版社を経験し、2018年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。デジタル広告調査などを担当する。