先週のアドテクシーン:オプト、広告効果測定ツール「ADPLAN」をフルリニューアル、KCCSの「KANADE DSP」、ROASの自動最適化機能を強化

日本国内、アドテクシーン画像

 
 

広告テクノロジー業界を定点観測するExchangeWire編集部が、過去一週間に起きたトピックの中から特に注目すべきものをピックアップしてお届けする。

アジャイルメディア・ネットワーク、インテージ・電通グループ・マイナビによる資本業務提携

ソーシャルメディア分析のアジャイルメディア・ネットワークは、インテージ・電通グループ・マイナビによる資本業務提携を発表した。

【新サービス・新機能】

電通テック、売り場視点の広告をRTBで即時配信できる「chalk_spreAD」を提供開始

電通テックは、顧客企業が売りの現場で直面するリアルタイムの集客課題に対して、売り場あるいはエリア統括担当者が即座にクーポンやお知らせなどの広告を配信し、その集客効果までを可視化できる「chalk_spreAD」を米国企業と協業し提供開始した。

サイバーエージェント、天候やSNS等と連携したリアルタイム型デジタルサイネージ広告「VISIONIA」を提供開始

サイバーエージェントは、天候やSNS等と連携したリアルタイム型デジタルサイネージ広告「VISIONIA」を提供を開始し、渋谷などに配置する。

アクティブコア、メールのA/Bテストを自動で最適化する新機能を実装

アクティブコアは、同社のMAツール「activecore marketing cloud」の強化として、メールのA/Bテストを自動で最適化する新機能を実装した。

KCCSの「KANADE DSP」、ROASの自動最適化機能を強化

KCCSの「KANADE DSP」は、独自の人工知能エンジンに搭載した新ロジックによりROASの自動最適化機能を強化した。

サイバーエージェントの「AI Messenger」、ユーザーのネガティブな反応を一定のルールで検知する「会話破綻アラート機能」の提供を開始

サイバーエージェントの「AI Messenger」は、ユーザーのネガティブな反応を一定のルールで検知する「会話破綻アラート機能」の提供を開始した。

オプト、広告効果測定ツール「ADPLAN」をフルリニューアル

オプトは、2000年から提供している広告効果測定ツール「ADPLAN」をロゴ・管理画面・機能などをフルリニューアルしたことを発表した。

DAC、ゲートウェイと共同でVRコンテンツの制作・配信・分析をワンストップで行うソリューションサービスを提供開始

DACは、ゲートウェイと共同でVRコンテンツの制作・配信・分析をワンストップで行うソリューションサービスを提供開始した。

【サービス連携・業務提携】

博報堂DYデジタルの「HDY PMP_」、ユナイテッドのSSP「AdStir」とプライベート・マーケット・プレイス(PMP)での取り組みを開始

博報堂DYデジタルの「HDY PMP_」は、ユナイテッドのSSP「AdStir」とプライベート・マーケット・プレイス(PMP)での取り組みを開始し、モバイル枠を大幅に増加させた。

シナラシステムズ、PubMaticとRTB接続を完了

シナラシステムズの配信プラットフォームのシナラは、SSPであるPubMaticとRTB接続を完了し取扱い在庫を増加させた。

タグ

ABOUT 野下 智之

野下 智之

ExchangeWire Japan 編集長

外資系消費財メーカーを経て、2006年に調査・コンサルティング会社シード・プランニングに入社。 国内外のインターネット広告業界をはじめとするデジタル領域の市場・サービスの調査研究を担当し、関連する調査レポートを多数企画・発刊。 2016年4月にデジタル領域を対象とする市場・サービス評価をおこなう調査会社 株式会社デジタルインファクトを設立。