インタビュー

  • 大学は位置情報をどのように優良学生の採用に活用しているのか?

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    位置情報データを使用することで、広告主は広告を特定のユーザーに対してターゲットにすることができるが、このテクノロジーは同様に大学にて採用目的で活用されている。ExchangeWireは Blis社のセールスマネージャー Nate John-Grose氏に単独インタビューを行い、位置情報データを分析し高度なターゲティング機能を用いることで、いかに多くのオーディエンスから優れた人材を採用することができるのかについて話を聞いた。

    続きを読む

  • 注目はミレニアル世代-Criteo、「The Asian Digital Traveler Report」をリリース-

    CriteoはEuromonitor社と共同で調査した「The Asian Digital Traveler Report」を発表した。このレポートからは、デジタルに精通した新世代のデジタルトラベラーを対象に、旅行業者は予約獲得の促進をどのように考えるべきかを読み取ることが出来る。

    CRITEO株式会社シニアセールス 河野 正寛氏にその内容を解説いただいた。

    (聞き手:ExchangeWire Japan 野下 智之)

    続きを読む


  • 日本のプログラマティック市場動向と今後の戦略-OpenX社 CEO Tim Cadogan氏へのQ&A

       

    グローバル大手アドエクスチェンジ、OpenX社トップは、日本におけるプログラマティック市場をどのように見ているのか。市場に対する見解と同社の今後の戦略について、同社CEO Tim Cadogan(ティム・カダゲン)氏にお話を伺った。

    続きを読む

  • 【P1寺廻氏に聞く。プログラマティック・トレンドワードのいま】~第2回ヘッダービディングとS2S~

    昨今注目を集めるプログラマティック領域のキーワード。実際に実務領域ではどのような現状にあるのか。

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)の連結子会社でプログラマティック領域の実務を担う株式会社プラットフォーム・ワン(P1) 取締役副社長 寺廻友子氏にお話を伺うシリーズ第二回目。

    今回は、ヘッダービディング・S2S(Server to Server)接続について解説をいただいた。

    (聞き手:ExchangeWire Japan 野下 智之)

    続きを読む

  • 【P1寺廻氏に聞く。プログラマティック・トレンドワードのいま】~第1回プライベートマーケットプレイス~

    昨今サプライサイドで注目を集める「ヘッダービディング・S2S(Server to Server)接続」や「PMP(プライベート・マーケットプレイス)」、「アドベリフィケーション」。これらのキーワードについて、実務領域ではどのような現状にあるのか。

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社の連結子会社で、プログラマティック領域の実務を担っている株式会社プラットフォーム・ワンの取締役副社長 寺廻友子氏にお話を伺った。

    (聞き手:ExchangeWire Japan 野下 智之)

    続きを読む

  • プログラマティックの成長に必要な真実と透明性

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    広告業界は、大きな変革の初期段階にある。世界的に年間640億米ドルもの広告費が、プログラマティックテクノロジーに投資される結果となっている。 この変化はディスプレイ広告に始まり、最終的にはテレビ、屋外、車内、モバイル、AR、VRなど、あらゆる広告形式をカバーしている。 OpenX社のCROで共同創業者のJason Fairchild氏はExchangeWireのインタビューに応え、プログラマティックテクノロジーにおいては、企業は絶対的な真実を手にする必要があり、そのためには、プログラマティックにおけるバイイングにおいて完全なる透明性が必要になる点について解説してくれた。

    続きを読む

  • プログラマティックに関する責任を負うのは誰か?

    (翻訳:Asia Plus 黒川賢吾)

    誰がプログラム広告の責任を負うのかについての議論を始めると、「誰」が個人であるべきだ、という点で誤解が生じているように感じる。しかしながら、Choozle社でクライアントサービス部門のシニアマネージャーを務めるKristen Ditsche氏によると、そんな単純な話でもないらしい。Ditsch氏はプログラマティックにおける責任範疇を考えるときのキーポイントについて、ExchangeWireに説明してくれた。

    続きを読む

  • 「タイミング・市場・戦略のすべてが揃った」-ARスマホ広告の英Vykingが日本に上陸 [インタビュー]

    次世代テクノロジーとして注目される拡張現実(AR)は、アドテク分野ではいかに活用し得るのか。その答えの一端を知るのが、英米市場で先行事例を生み出している英ベンチャー企業のVyking(ヴァイキング)社だ。英国大使館の国際通商部が企画した商談会に参加するために来日したCEOのマシュー・クランプカ氏とCTOのステファン・クランプカ氏にAR広告の最新動向について話を聞いた。

    (聞き手:ExchangeWire Japan 長野 雅俊)

    続きを読む

  • メディア側にもある、ブランド毀損解決のために- 「AJA SSP」の新機能「AJA GREEN」の開発思想 [インタビュー]

    サイバーエージェントの子会社で、「Ameba」をはじめとするグループメディア発のアドテク事業を行うAJAが、提供する「AJA SSP」の新たな機能として、メディアの広告クリエイティブを全件審査する「AJA GREEN(アジャ グリーン)」という機能の提供を開始した。

     

    提供開始の背景やサービス内容について、同社取締役の野屋敷 健太(のやしき けんた)氏にお話を伺った。

    (聞き手:ExchangeWire Japan 野下 智之)

    続きを読む

  • ライブ動画配信はテレビCMを超える宣伝ツールとなるか―先駆者のサイバーエージェントとDMM GAMESが語る

    米国でYouTubeが生まれてから早12年が経過、近年ではSNSでもライブ動画を配信できるようになっている。先進的な企業は既にこれらのプラットフォームをマーケティング施策へと活用し始めているが、その実態はいかなるものなのか。ライブ動画マーケティングに特化した専門組織「FRESH! LIVE WORKS」に所属する株式会社サイバーエージェント古賀誠隆氏と同マネージャーの小谷隆詞氏、DMM GAMESのマーケティング本部プロモーション部チーフの丸山諒太郎氏と同リーダーの高畑康彦氏に話を聞いた。

    (聞き手: ExchangeWire Japan 長野雅俊)

    続きを読む